航空時計とウォーキング はじめに

 


もし腕時計、特に航空時計がお好きでしたら、それを使って、エクササイズウォーキングを楽しく習慣化できるかもしれません。

航空時計(パイロットウォッチ,アビエーションウォッチ,ナビゲーションウォッチ 等)のイメージは人それぞれでしょう。私にとっては、60分目盛の回転ベゼルとストップウォッチが付いてる時計がそうです(写真の左側の時計)。

まず 60分目盛ベゼルを使って、目的地への到着時刻の目安や、実際に計画通りのペースで歩けてるかを見ることができます。時間の余裕を考えながら、今日のウォーキングは次の駅までにするか、それともその次の駅まで行けそうか、列車時刻表と見比べて決めます。
休日なら自由に時間をかけれますが、出勤日は遅刻しないよう、こうやって時間管理しています。

それからストップウォッチを使って歩行時間を計り、その距離と併せて、自分の歩行速度を知ることが出来ます。
航空時計を使ったエクササイズウォーキングを続けると、この歩行速度が向上するのが分かって励みになります。また私などこれから高齢者になって行くので、今の運動量で体力を維持出来てるか日々チェックできると思います。

航空時計には、他方、ベゼルが円型計算尺のものもあります(写真の右側の時計)。シチズンの空時計は現在はこれがメインですね。こちらはストップウォッチで計った歩行時間から、その場で即座に歩行速度を算出できることと、このままの速度ならあと何 km をあと何分で歩けるか、ひと目でわかるのが凄いところだと思います。いまは私は持っていませんが、いつか買いたいです。

コメント

このブログの人気の投稿

航空時計ウォーキングやってみた

航空時計ウォーキング 計算尺つき時計の場合