投稿

7月, 2022の投稿を表示しています

航空時計ウォーキング 計算尺つき時計の場合

イメージ
先日の航空時計ウォーキングで、円形計算尺つきの時計を使った場合を机上再現してみます。 ここ、守谷駅を朝 8:40 に関東鉄道常総線に沿って歩き出し、適当な途中駅で列車に乗り、9:50 までには取手駅に着くという設定です。 前もって歩行ルートを作り、出発駅から各駅までの距離と、各駅間の区間距離を求めておきます。 計算尺の内側の尺は時間(分等)に、外側の尺は距離(km等)に使うことにします。 この写真の通りに設定すると、5.4 km/h で歩くときの時間と距離が分かります。 ・60 分歩くと 5.4 km(だから時速 5.4 km) ・10 分歩くと 900 m ・1 km 歩くのに 11 分と少しかかる 例えば、守谷駅から稲戸井駅までは 4.367 km あるので、48 分半くらいかかると読み取れます。8:40 に歩き出せば 9:28'30" くらいに着く見込みです。目的の列車は稲戸井発 9:30 なのでギリギリです。 それではストップウォッチをリセット〜スタートしてウォーキング開始です。 純粋な歩行速度を求めるため、信号などで立ち止まるときはストップウォッチを止め、また歩き出すときに再スタートします。 南守谷駅に到着。ストップウォッチで計った歩行時間は 21 分 10.58 秒。10進法で 21.2 分弱(6 秒 = 0.1 分で暗算)。ここまでの距離は 2.163 km だったので、これを計算尺に設定します。 さて、次の戸頭駅までは 1.372 km なので、今の速度歩けば 13 分半弱で着くと読み取れます。現在時刻 9:05 なので、戸頭駅 9:18'30" 頃着。列車は 9:27 発で十分間に合いそうなので、戸頭駅まで歩くことにしました。 因みに、ここまでの歩行速度が約 6.1 km/h であることも、計算尺から読み取れます。でもこの計算中、時速さえ求める必要がないのも、計算尺の便利なところです。 戸頭駅に到着。ここまでの距離は 3.535 km。ストップウォッチの歩行時間は 34 分 30.45 秒(約 34.5 分)、実際の到着時刻は 9:20 頃。次の稲戸井駅までは 832 m なので、計算尺から約 8.1 分(約 8 分 6 秒)。到着時刻は 9:28 を少し過ぎると思われます。これもギリギリですが、この現地での計算

航空時計ウォーキングやってみた

イメージ
航空時計ウォーキングを実際にやってみました。 ここ、守谷駅を朝 8:40 に関東鉄道常総線に沿って歩き出し、適当な途中駅で列車に乗り、9:50 までには取手駅に着くという設定です。 前もって歩行ルートを作り、各駅までの距離と、歩行速度別の所要時間を求めておきます。 出発時に回転ベゼルの 0 分目盛を分針に合わせます。これで上記の表とあわせて、各駅への予想到着時刻が分かります。この写真は時速 5.4km で歩いた場合の予想到着時刻で、列車の時刻と比べれば、どこの駅で列車に乗れば良さそうか分かります。戸頭駅なら 9:20 前に着いて、9:27 の列車に乗れそうです。稲戸井駅だと計算上でも 1 分くらいしか余裕がないので危ない気がします。 それではストップウォッチをリセット〜スタートしてウォーキング開始です。 純粋な歩行速度を求めるため、信号などで立ち止まるときはストップウォッチを止め、また歩き出すときに再スタートします。回転ベゼルと分針での経過時間表示には、この立ち止まり時間も含まれるので、ストップウォッチの経過時間表示とはズレて行きます。 歩行ルートは線路に沿って作ったので、歩く速さが思ったより遅かったりしたら、予定より前の駅で列車に切り替えることもできて安心です。 南守谷駅に到着。ストップウォッチで計った歩行時間は 21 分 10.58 秒で、上記表を見ると 6.0〜6.2 km/h の間くらいで歩けてるようです。立ち止まり時間も含めた実際の到着時刻も 9:05 で、最初の計画に無理はなさそうなので、次の戸頭駅まで歩くことに決めました。 戸頭駅に到着。時計の写真を取り忘れましたが、ストップウォッチの歩行時間は 34 分 30.45 秒、実際の到着時刻は 9:20 頃。 わりと当たってるので、とりあえず当面、歩行計画は 5 km/h 強で作ればいいかなと思いました。

航空時計とウォーキング はじめに

イメージ
  もし腕時計、特に航空時計がお好きでしたら、それを使って、エクササイズウォーキングを楽しく習慣化できるかもしれません。 航空時計(パイロットウォッチ,アビエーションウォッチ,ナビゲーションウォッチ 等)のイメージは人それぞれでしょう。私にとっては、60分目盛の回転ベゼルとストップウォッチが付いてる時計がそうです(写真の左側の時計)。 まず 60分目盛ベゼルを使って、目的地への到着時刻の目安や、実際に計画通りのペースで歩けてるかを見ることができます。時間の余裕を考えながら、今日のウォーキングは次の駅までにするか、それともその次の駅まで行けそうか、列車時刻表と見比べて決めます。 休日なら自由に時間をかけれますが、出勤日は遅刻しないよう、こうやって時間管理しています。 それからストップウォッチを使って歩行時間を計り、その距離と併せて、自分の歩行速度を知ることが出来ます。 航空時計を使ったエクササイズウォーキングを続けると、この歩行速度が向上するのが分かって励みになります。また私などこれから高齢者になって行くので、今の運動量で体力を維持出来てるか日々チェックできると思います。 航空時計には、他方、ベゼルが円型計算尺のものもあります(写真の右側の時計)。シチズンの空時計は現在はこれがメインですね。こちらはストップウォッチで計った歩行時間から、その場で即座に歩行速度を算出できることと、このままの速度ならあと何 km をあと何分で歩けるか、ひと目でわかるのが凄いところだと思います。いまは私は持っていませんが、いつか買いたいです。